2019/07/13

前に出る勇気

一歩前に出られるかどうか。

後ろに下がることは、教えられなくてもできる。

一歩前に出られるかどうか。

ぶつからないで前に出るために角度を変えて入る。

それが、「使用法」。

ひとつずつ、練習して、

前に出る胆力を養い、間合いの感覚を磨く。

武道家の必修科目と言っても過言ではない。

入会申込・ドロップインの予約はこちら・・・  bidoukan1954@gmail.com











2019/07/12

興味を持つことから

興味本位でいいのではないか。

やってみるまでは、なにごとも自分の知らない世界なのだから。

「興味を持った」。それが大事なことなのではないか。

できるかどうかわからないとか、続くかどうかわからないとか、

そんな不安から始めることを躊躇するのはもったいない。

1回でも2回でも、やってみてから判断すればいい。

三連休に、新しいことに挑戦してみてはどうでしょうか。

入会申込・ドロップインの予約はこちらから・・・  bidoukan1954@gmail.com
                             (太極拳教室は予約不要です)


          首席師範・小林直樹          太極拳教室・小林宏美
       
2019/07/12

先生に会いに行こう

弟子にとって師匠は最強のパワースポットである。

稽古に行くと技術が進歩するだけでなく、エネルギーをチャージできるような気がする。

さあ、今週も、稽古に行こう。

 入会申込・ドロップインの予約はこちらまで   bidoukan1954@gmail.com



                                               櫻公路一顱先生
2019/07/11

イメージトレーニング

イメージトレーニングとは

動きを目で見るだけでも、動作にかかわる脳が働く、そのしくみを利用するトレーニングである。

良い動きを見た直後は、自分の動きも良くなる経験はないだろうか。

自分の理屈で体を動かして行き詰まっているとする。

達人の動きは、おそらく行き詰まっている人の理屈とは違う次元で動いている。

それを、どこがどういう順番で動いて・・・ということではなくて、動きそのものを直観する、ただ見る、絵で捉える・・・そんなことをする、いわゆる見取り稽古というものだ。

「黙念師容」ということばも、一種のイメージトレーニングのススメである。

ただし、そのイメージは正しいか?

そのイメージは、正確か?

人間、目の前にあるものでも、思い込みで見てしまうものである。

カメラのレンズのように全てを等しく捉えることは難しく、
人は無意識に取捨選択して見ているものだ。

人は、あたりまえに見ていて、あたりまえに見ていない。

そのイメージは、正確か。

そのイメージは、正しいか。

まずは目指すところを正しく見ることから、稽古は始まる。

10時間映像を見ることより、
一ヶ月に一度でも、実際に会って指導してもらうことの効果は言うまでもない。

そうすることで、イメージは強化され、映像の見方も深まる。

個人指導のお申し込みは、こちらまで。

    bidoukan1954@gmail.com

         








2018/12/03

2018年12月より稽古にドロップイン(1回3000円)できます。

本部道場 入会のご案内

入門方法は2とおり。
伝統的な月謝制と、ドロップインと、2通りから選択できます。




【月謝制】
入会金 10,000円
月 謝 10,000円
    ※学生割引あり(高校生以上8000円/中学生5000円)
2018年12月より、新方式(ドロップイン)採用いたします!
【ドロップイン ※入会金不要】
 1回 3000円(参加するごとに現金払い)
※はじめてドロップインで稽古に参加する方は、
ブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/bidoukankobayashi)で稽古の日程をご確認のうえ、
2日前までにメールでご予約下さい。

問い合わせ、ご予約はこちらへ bidoukan1954@gmail.com